革の種類【牛革以外編】

 | , ,

革製品で最もよく使われている革はやはり牛革。

レザーといえば牛といっても過言ではない程使われています。

 

ただもちろん、肉用、乳用などの副産物である革は

主に脊椎動物であれば、様々な種類があります。

 

今日は、牛革以外のレザーについて説明します。

牛革の種類はコチラの記事から。

 


豚革 -ピッグスキンー

 

豚革最大の特徴は、毛が3本ずつまとまって

皮を貫通していることです。表面をよく見ると、

豚革には毛穴があることが良く分かります。

その毛穴により通気性に優れた性質を持ち、

また薄くて軽く、比較的安価なために、

製品の裏革に利用される事が多い素材です。

 


馬革 -ホースー

 

繊維は荒いが、毛穴数が少なく、

滑らかな銀面(表面)が特徴です。

 

馬革と言えば、臀部(お尻の部分)の革を

特に『コードバン』と呼び、

高級レザーとしても有名です。

馬を想像するとわかるように、

馬の臀部は大変活発に動いており、

非常に緻密で細かい繊維組織です。

細かすぎるその繊維構造から、

革のダイヤモンドとまで呼ばれる

大変滑らかな銀面が特徴のレザーです。

 


羊革 -シープー

 

羊は品種が多く、それぞれ革の性質も異なります。

一般的には繊維が細かく、牛革に比べて

なめらかで柔軟な革になる特徴があります。

仔羊の場合はラムと呼ばれ、

牛のカーフ等と同様に柔らかく、

羊革の中でも高級素材として扱われています。


山羊 -ゴートー

 

ヤギ革は比較的薄いですが、

繊維の密度は高く、摩擦に強いのが特徴です。

子ヤギの革はキッドと言われます。


鹿革 -ディアー

 

牛や羊等に比べて比較的動きの多い動物のため、

キズが多く、また、表面も硬い皮のため、

銀面(表面)を除いて使われることが多い。

銀面を落とした革はセーム革と呼ばれ、

大変柔軟で、肌触りも良い革になります。

手袋や衣料など、直接肌に触れる製品に、

良く使用される傾向があります。


牛・豚・馬・羊・山羊・鹿

この辺りが革としてはよく使われています。

 

その他、エキゾチックレザーと呼ばれる、

ワニやダチョウ、トカゲなどの希少レザーがあります。

こちらはまた別の機会にご紹介できればと思います。

本記事に関する内容はもちろん、

その他革製品に関するご質問・ご要望がございましたら、

お気軽に弊社までご連絡くださいませ。

 

Tel:06-6720-1522

E-mail:info@nadaya.co.jp

シェア
Translate »