工業用ミシンの種類

 | 

家庭用のミシンとは違い、

革製品など、厚手の素材を縫う場合や、

バッグ、靴などの立体的な製品を作る場合、

ジャノメミシン等に代表される一般的なミシンとは違う、

工業用のミシンを使って製造します。

 

本格的なレザークラフトで利用される事はもちろん、

特に工場などの製造現場でよく使われる、

3つの工業用ミシンをご紹介します。


 

【平ミシン】

平ミシンは縫う作業スペース(ワークスペース)が

平らになっているミシンです。

画像のように、平面的な素材を縫う際によく使われ、

家庭用のミシンと同様の用途で使われます。

(工業用は足踏みで速度調整を行う点は異なります)

 

直線を縫う早さが速く、

また、工業用の中でも扱いやすいミシンです。

 


 

【腕ミシン】

腕ミシンは画像のように、ワーク部分が

腕のように筒状になっているミシンです。

一番上のトップの画像も腕ミシンとなります。

 

主に、立体的な製品の縫製に使われます。

画像のように、高さがある製品を縫う場合、

平ミシンだと引っかかってしまい縫えないので、

手前、奥、左側にスペースが空いた腕ミシンを使います。

 


 

【ポストミシン】

ポストミシンは、画像のように、

下から筒状に土台が出ているミシンです。

 

靴底やカバンの底のように、

上下左右が囲まれた製品を縫う場合に利用されます。

 


 

これらのように、工業用のミシンにも

用途によっていくつか種類があります。

 

また、縫う箇所だけでなく、

縫える糸の太さや強さによって、

それぞれミシンの大きさも異なります。

 

さらに、アタッチメントを付ける事で、

縫い方を調整したりと、

職人はたくさんの種類のミシンから、

その製品、工程に最適な機械を選び、

それぞれ違う性質のミシンを巧みに扱っていきます。

 

本記事に関する内容はもちろん、

その他革製品に関するご質問・ご要望がございましたら、

お気軽に弊社までご連絡くださいませ。

 

Tel:06-6720-1522

E-mail:info@nadaya.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Translate »