バッグと鞄の違いは?

 | , ,

バッグ(ハンドバッグ)と鞄の違いとは。

 

結論から言うと、

素材の種類や、大きさによる分類など、

そういった明確な基準は無い、と思われます。

 

ただ、私たち作り手のメーカーとしては、

英語と日本語の違いだけではなく、

『鞄』・『バッグ』と言われたとき、

イメージするものが全然違います。

 

では、メーカーの人は、

どんな違いをイメージするのでしょうか。

一番分かりやすいのは「バッグ」「鞄」で

それぞれイメージ検索した結果です。

「バッグ」の検索結果

「鞄」の検索結果

どうでしょうか。

 

簡単に言うと、


【バッグ】

比較的作りが簡単で、パーツが少なく、

全体的にふわっとしているイメージ

 

【鞄】

比較的作りが複雑で、パーツが多く、

全体的にカチっとしているイメージ


これが私たちメーカーの持つイメージです。

ただ、やはり明確な基準は無いので、

このバッグ(鞄)はどっちですか?

と聞かれても微妙な場合もあります。笑

 

ちなみに、

日本ハンドバッグ協会

日本かばん協会

と組合がそれぞれ別にあることからも

メーカーにとってバッグと鞄は分かれている、

ということが良く分かるかと思います。

鞄メーカーは例えば下記のような物を作っています。

アタッシュケース

ダレスバッグ

ブリーフケース

学生鞄

バッグメーカーが作っているもの

手提げバッグ

がま口バッグ

トートバッグ

フォーマルバッグ

どうでしょうか。

メーカーが思っているバッグと鞄の違い、

なんとなく分かって頂けましたか?

 

皆さんが普段なんとなく使っている言葉も

協会が分かれるくらいには区別されているんですね。

 

今度鞄やバッグのメーカーさんと会ったときは、

バッグを作っているのか、鞄を作っているのか

是非意識して訊いてみると面白いかもしれません。

シェア
Translate »