革製品技能試験

 | , , ,

【革製品技能試験とは?】

皮革産業団体が主催する、革製品の製作に携わる職人の

皮革技術に対する評価を行う試験です。

公式HP : http://license.jlia.or.jp/

 

日本皮革産業連合会,日本鞄ハンドバッグ協会,日本手袋工業組合

日本服装ベルト工業連合会,全日本革靴工業協同組合連合会

という革関連の5大団体が主催しており、

まさに日本の革製品製作技術における最大の試験と言えます。

 

革靴・バッグ/小物・ベルト・手袋など製作物ごとに、

また、技術力ごとに1~3級(製作物による)と分かれています。

特にバッグ/小物の1級は受験資格が実務経験10年以上でありながら

過去3年の平均合格率が20%、つまり、

10年以上鞄を作った人でも5人に1人しか合格しないという、

高度な技術が要求される試験となっています。

 

先日行われた2017年度の試験において、

弊社の職人も鞄ハンドバッグ小物試験にて、

小物(婦人)部門の1級に合格致しました。

 

弊社が50年以上培ってきた小物製作の技術力が

こういった形で認められるのはやはり嬉しいものです。

これからもお客様にご満足頂ける革製品を製造し、

皮革産業界の発展に少しでも貢献していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Translate »